企業案件がクリエイターを不幸にするのか

昔から活動されている大好きなYouTuberさんが最近動画を出していた。
昔は好きなようにやれたけど、企業案件が多くなってだんだん楽しまなくなってきたと。

 

ありがたいことに僕も似たような状況になった。
楽しくないと思うことが僕もあった。

 

 

でも、それってこっちが怠惰なだけだったんじゃないかと、今日思った。
先方はこうしたい。でも僕の経験から言わせてもらうと、それは効果ない。みたいなときに、企業からの要望をそのまま飲んじゃうと自分の思い通りの作品がつくれなくて楽しくなくなるわけだ。
先方も僕も満足してさらに効果のある方法をお互いが探り合うことができれば、こっちも楽しくできるんじゃないかと。

 

ということで、先方にメリットがあって僕も納得できて、さらにユーザーにも価値のある情報をお届けできるアイデアを模索するのが僕の仕事だと認識し、今いただいた仕事を徹底的に納得できる形でやってみようと決意した。
先方に2本メール返すのに1時間かかったけど、それでも心の持ちようが変わるだけで全然楽しくなる。

 

これは素晴らしいことに気付けたのかもしれない。

 

 

先日の記事でも書いたけど、自分の人生を自分でコントロールすることが幸せに繋がるという話もすごく腹落ちする。

 

  • この記事を書いた人

くすみ

甘党です。音楽と靴磨きします。

-オピニオン
-

Copyright© コーヘイズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.