靴を買って僕は幸せになれるのか

最近ずっと考えていた、僕が靴を買うモチベーションについて。

 

しばらく前まではブログのネタにしなければいけないという使命感があったので、いかに靴を買うかをずっと考えてきた。でも最近、この買い物って僕にとって幸せなんだろうか、と疑問を覚えるようになった。
自分の欲しい靴・自分の合う靴を買うのではなく、ブランドの靴を買うことが目的にはなっていないだろうかと。

 

なっている。いや、確実になっている。
もちろん、グリーンやロブを履いてみたいという欲求もありつつ、本当に納得して靴を変えるのだろうかという不安もある。最近ようやく自分の足のサイズと好みの靴もわかってきたとは言え、乱暴に靴を買ってしまわないだろうかという不安。
つまりブログのネタのために不本意な買い物をしてしまわないだろうかという懸念。

 

僕は果たしてイギリスへ行って靴を買い込むことで幸せになるんだろうか。
渡英は決めたのでいい出会いがあることを願うのみ。

 

あと、言ってしまえは靴ばかりを買ってファッションが疎かになってしまうのってどうなんだろうとか。

 

そういうことを考え始めると、楽しめなくなるよなぁ。
キリがない。

  • この記事を書いた人

くすみ

甘党です。音楽と靴磨きします。

-
-

Copyright© コーヘイズム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.